1616/TY Palace Plate 160

サイズ
購入数
1616 / TY “ Standard” Design: Teruhiro Yanagihara

遥か昔、4百年前に作られた道具としての器。
その時代を想いながら柳原照弘は、新たな素材を用い、多様な食生活を受け入れるシンプルな形状の陶磁器のシリーズを開発しました。
用途を限定しないフレキシブルな形状でありながらも、非常に強度のある高密度の陶土を用いたライトグレーの器は、有田焼の持つ、華美ではない美しさが現代に引き継がれています。

歴史ある格式高いホテル「パレスホテル東京」のために作られた特別な有田焼のお皿です。

この生地は高密度な陶土で吸水性がない為、油や醤油などが染み込むことはありませんので
油を使った炒め物やサラダなどにオリーブオイルをかけたり醤油を使用しても大丈夫です。
万が一色移りがした場合には漂白剤もご使用いただけます。

釉薬を使用していませんのマットな少しザラッとした土本来の質感でプレートの陰影が美しく浮かびます。

有田焼の産地佐賀県有田にて職人により1点1点手作りされていますので個体差がございます。予めご了承ください。

サイズ:小160mm 


電子レンジ・食器洗浄機・オーブン対応

こちらの商品は釉薬がかかっていない仕上げの為、生地に含まれる細かい黒点が入る場合がございます。
商品不良ではございませんので、予めご了承ください。

洗う際は柔らかいスポンジで台所用洗剤(中性)をご使用ください。



有田焼の産地である佐賀県・有田は、1616年に陶祖、李参平によって日本で最初に陶磁器が作られたとされる場所。四百年を経てもなお、色あせる事のない妥協の無いものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。豊富な経験と技術をもつ有田の人々と共に、デザイナー柳原照弘は、今日までの有田の歴史と対話をしながら、物語をつなぐ新たな陶磁器ブランドを生み出しました。遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた 1616 / Arita Japanは、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。これからの未来に寄り添う、新しい器のシリーズです。

1616 / Arita Japan のクリエイティブディレクターである柳原照弘は、陶磁器の可能性を試みた新しい素材を用いながらも、多様な食生活に対応する「スタンダード」のデザインを担当し、オランダ人デザイナー、ショルテン&バーイングスが「カラーポーセリン」と呼ばれる日本の伝統色を再解釈したシリーズを生み出しました。この二組のデザイナーによって日本の伝統に対する新たな解釈がもたらされました。


デザイナープロフィール

柳原照弘

1976年 香川県高松市生まれ。2002年 自身のスタジオを設立。「デザインする状況をデザインする」という考えのもと、国やジャンルの境界を超えたプロジェクトを多数手がける。2011年より、「新たな創出の場」として京都に国内拠点を移し、世界との接点を生み出すべくプロジェクトを企画、展開している。DESIGNEASTディレクター、KARIMOKU NEW STANDARD クリエイティブディレクター。主なクライアントはKARIMOKU NEW STANDARD、 LIM HAIR、木村硝子等の国内企業からOFFECCT (スウェーデン)、PALLUCCO (イタリア)、SERGIO ROSSI (イタリア) 等、国外でも多数のプロジェクトに携わる。